長男の勉強経過(小学生編)

英文法は1つずつ教える

英文法の説明ってどうしたらいいの?

1つずつ教えていくことが必要だよ。

 

英文法は1つずつ教える

英文法は1つずつ教える。

 

長男が超初心者の時代に、英文法を教えていた時に、気づいたことでした。

 

「そんなの、当たり前じゃないか。どういうことなんだ?」と思われる方が多いでしょう。

 

それでは、詳しく説明していきますね。

 

シンプルに教える

「be動詞」の英文法の説明を例に出します。

 

「be動詞」の文の代表が、「I am ~ (私は~です)」です。

 

例文として、以下のようなものがありますね。

  • I am a student.
  • I am a teacher.
  • I am a boy.
  • I am a girl.

 

このときに重要なことは、『I + am + a + 名詞』だけの形を徹底的に覚えさせることです。

 

「be動詞」の項目の勉強をするときに、以下のような例文が混じっているのを見たことがありませんか?

 

「I am a good student. (私は良い生徒です)」

 

実際に、問題集でも「be動詞」の項目に、このような問題が載っています。

 

「I am a student (私は生徒です)」の味気ない文章より、「I am a good student (私は良い生徒です)」のほうが、英語ができるような気分になり、楽しくなる。

 

「a student」と一緒に、「a good student」としたほうが、「good」の意味も一緒に学ぶことができる。

 

このように思っていました。

 

しかし、長男に「be動詞」を教えている時に、これは間違った考えであることに気付きました。

 

「good」の単語が入ると、以下のことを説明しないといけません。

  1. goodの品詞は形容詞である。
  2. 「形容詞」とは物事の状態を表す品詞である。
  3. 文章は、「名詞」「動詞」「形容詞」などの品詞に分けられる。

 

1.、2.、3.について、きちんと話したところ、長男は混乱してしまいました(もちろん、小学生にも分かりやすく説明しましたつもりです)。

 

本来の目的を忘れずに

本来の目的は「be動詞」を教えることです。

 

「be動詞」の項目で教えることは、以下の2つです。

  • 肯定文「I am a ~」、否定文「I am not a ~」、疑問文「Am I a ~?」について
  • 主語は「You」「He」「She」「It」「We」「They」があること

 

このことを集中して習得しないといけないときに、「good」が入っている「I am a good student.

」という文章だと、子供は混乱してしまいます。

 

このときに、「goodが形容詞なんて教えなくても、なんとなく文章が作ることができれば、問題ないんじゃない?」という意見が出てくると思います。

 

確かに、「good」程度なら、何となくでも良いと思います。

 

でも、これは一番分かりやすい例を出しただけです。

 

もう一つ例を出しますね。

 

一般動詞の文

「一般動詞」の文で、「I play soccer (私はサッカーをします)」を例に出します。

 

一般動詞の文章は、『主語 + 一般動詞 + 目的語』ですね。

 

「一般動詞」の項目で、次のような例文を見たことがありませんか?

 

「I play soccer in the park (私は公園でサッカーをします)」

 

どうでしょうか?

 

「一般動詞」の項目で、『inという「前置詞」』の文法が出現しました。

 

英語を勉強開始したばかりの小学生は、「be動詞」「一般動詞」の項目でも、全然知らないことばかりです。

 

そのときに、「形容詞のgood」、「前置詞のin」などが出てくると、どうでしょうか?

 

子供は混乱してしまうと思います。

 

というより、長男は実際に混乱しました。

 

そのため、「その項目で覚えたいことのみ、シンプルに教えていくことが重要だ」ということに気付きました。

 

その項目で、「覚えなければいけない文法」のみを勉強する

 

 

 

-長男の勉強経過(小学生編)