問題集、参考書

小学生・中学生 英語 お勧めの参考書・問題集~基礎編2

英文法の勉強は、難しい項目を重点的に勉強できる?

良い問題集があるよ。

英文法には難しい項目がある

前回「中学英語 お勧めの参考書・問題集~基礎編」にて、お勧めの「基礎編」の問題集を紹介しました。

 

しかし、長男が英語勉強を行っているときに、新たな問題が発覚しました。

それは、英文法には「簡単な項目」「難しい項目」があるということです。

 

どういうことでしょうか?

 

1年生の英文法では、「be動詞」「一般動詞」、「助動詞」「過去形」などがあります。

ここで、一番難しい項目は、「疑問詞」だと、私は考えております。

 

疑問詞は、「What」「When」「Where」「Which」「Who」「How」です。

 

ここで、疑問詞「What」を例に見てみましょう。次のような例文があります。

  •   What is this? (これは何ですか?)
  •   What are those? (あれらは何ですか?)
  •   What do you like? (あなたは何が好きですか?)
  •   What sports do you play? (あなたは何のスポーツが好きですか?)
  •   What time is it? (何時ですか?)
  •   What time do you get up? (あなたは、何時に起きますか?)

これらは、疑問詞「What」の分野に属しますが、実は微妙に使い方が違うのです。

何が違うのかに関しては、今後また別の記事でせつめいしますね。

 

中学英語 お勧めの参考書・問題集~基礎編」にて紹介した問題集では、例えば「What」の疑問詞の項目で、これらが「ごちゃまぜ」で出題されているため、非常に混乱してしまいます。

 

「ごちゃまぜ」というと表現が悪いのですが、私の考えでは、これらは同じ「What」に属するけれども、きちんと分けて勉強したほうが良いという意味です。

 

そして、同じような「ごちゃまぜ」になるため混乱しやすい項目が、「動名詞」「不定詞」「比較級」の項目です。

 

長男も、この項目を勉強するときに、壁にぶつかりました。

そこで、これらを解決する問題集をさがしたところ、次の問題集が見つかりました。

 

「これでだいじょうぶ!シリーズ」の問題集

「これでだいじょうぶ!シリーズ」という問題集です。

  •  中1英語の疑問詞
  •  中2英語の動名詞と不定詞
  •  中2英語の比較
この問題集は、上記の項目を、混乱しやすい部分をきちんと分けて、問題が出題されています。

 

長男は、この問題集によって、この難しい英文法の項目をマスターすることができました。

 

次の記事は、「小学生・中学生 英語 お勧めの参考書・問題集~中級編」です。

 

「これでだいじょうぶ!シリーズ」で、難しい分野を重点的に勉強しよう。

-問題集、参考書