長男の勉強経過(小学生編)

英単語の覚え方 ~ 大人と子供の違い

大人と子供で英単語の覚え方が違うのはなぜ?

子供は定期テストがあるからだよ。

今までの経過

前回までの記事で、長男に私が行ってきた英単語の勉強方法を試しましたが、うまくいかなかったことを報告しました。

 

私は英検の準1級の勉強をするときに、「スマホ・タブレットの英単語アプリ、英単語帳アプリ」、「市販の英単語帳」を使って、勉強しました。

 

特に、「スマホ・タブレットの英単語帳アプリ」が、とても役に立ちましたが、長男にはほとんど効果がありませんでした。

 

なぜ、長男には効果がなかったのでしょうか?

 

それは、大人と子供の、背景及び英語の勉強目的に、大きな違いがあるのです。

 

大人は英語の勉強経験がある。

まず、第1の理由として、大人には英語の勉強経験があるということです。

 

大人は中学・高校と英語の勉強をしております。

つまり、英語の勉強を、一通り行っています。

 

だから、新しい単語を覚えるときでも、「過去の知識の土台」に、「新しい知識(英単語)を積み重ねていく作業」になります。

 

「新しい知識を積み重ねる作業」は、英単語アプリ、市販の英単語帳などを眺めるだけでも可能だと思います。

 

一方、英語の勉強を始めたばかりの小学生はどうでしょう?

 

基礎の知識の土台を、作ることから始めないといけません。

 

英単語アプリ、市販の英単語帳で英単語を眺めるだけでは、基礎の知識の土台を作るためには、不可能です。

 

つまり、基礎の知識の土台を作るために、英単語はきちんと書いてスペルを覚えないといけません。

大変ですが、スペルを書いて覚えるということが非常に重要になってきます。

 

 

大人と子供の英語勉強の目的が違う

2番目の理由として、大人と子供では、「英語の勉強の目的」が異なっているということです。

 

大人と子供の、英語の勉強の決定的な違いは、ずばり....

 

子供には定期テストがあるということです。

 

「どういうこと?」

 

そう思われる、保護者が多いと思います。

 

今から、詳しく説明しますね。

 

大人の英語の目的

大人が英語をする目的は何でしょうか?

  1. 英会話ができるようになる。
  2. 英語の資格試験(英検、TOEICなど)に合格する

この二つが大きな目的だと思います。

 

ここで、質問ですが、大人が英語の勉強をする際に、英単語のスペルをきちんと覚える必要があるでしょうか?

 

ずばり、必要ないですね!

 

英会話は話せれば問題ないですし、資格試験も選択問題であるために、英単語のスペルはなんとなく覚えていれば解くことができます。

 

また、私は仕事上、英語で論文を書くことがありますが、完璧に英単語のスペルを覚えていなくても、不安があるときには、英語の辞書でスペルを調べれば問題ないです。

 

ここまでで、どうでしょうか?

 

大人の英語の勉強では、英単語のスペルを正確に覚える必要ないですよね?

 

そのため、「英単語アプリ、市販の英単語帳」を眺めて、なんとなく暗記していれば、特に問題ありません。

 

子供には定期テストがある。

一方、子供ではどうでしょうか?

 

皆さん、ご存知の通り、中学生、高校生は定期テストがありますよね。

 

定期テストは、選択問題ではないため、英単語のスペルを正確に覚えていないと、解答することができません。

 

そのため、「英単語アプリ、市販の英単語帳」を眺めて、なんとなく暗記していていても、英単語を覚えることはできません。

 

きちんと英単語を書いて、正確に覚える必要があるのです。

 

小学生の英検合格

「でも、そんなに英単語のスペルを正確に覚えている小学生がいるの?」

「英単語のスペルを覚えなくても、うちの子は英検に合格できたよ!」

 

そう思われる保護者も多いでしょう。

 

確かに、小学生で英語の先取り学習をしている方の、大部分の目的は英検合格だと思います。

 

英検3級どころか、準2級まで合格しているお子さんもいます。

 

英検3級は、中学卒業程度の英語レベルとされています。

 

それにも関わらず、中学の英語の定期テストで英語の点数がとれない子がたくさんいます。

 

英検合格だけでは、英会話がうまくなれない理由~その1」で記載したように、英検は選択問題であるため、英単語のスペルをきちんと覚えておかなくても、問題に解答することができます。

英検合格が目標ならば、英単語のスペルを正確に覚える必要はないと思います。

 

しかし、長男の小学生での英語先取りの目的は、「中学校の定期テストの問題が解けること」です。

 

そのために、英単語のスペルをきちんと覚えないといけません。

 

長男に私が行ってきた英単語の暗記方法が、ことごとく失敗した段階で、その理由を分析した結果、このような結論になりました。

 

そして、色々と考えた結果、最終的に良い方法にたどり着きました。

 

次回の記事「単語の覚え方~小テスト」にて、その方法を述べますね。

 

  • 大人と子供では、英語の勉強目的が違う。
  • 大人は、英単語のスペルを正確に覚える必要性が、あまりない。
  • 子供は、定期テストがあるため、英単語のスペルを正確に覚える必要がある。

 

 

-長男の勉強経過(小学生編)