問題集、参考書

小学生・中学生 英語 お勧めの参考書・問題集~基礎編

基礎的な問題集を教えてくれない?

「基礎編」の問題集をを紹介するね。

「基礎編」の問題集

ここでは、「基礎編」の問題集を紹介いたします。

超初心者が選ぶべき、「基礎編」の問題集の条件は、「カラフルで、字が大きく、見やすい」「達成感がある(つまりページ数が多くない)」「基本的な英単語のみで勉強することができる」ことです。

ここで一番重要なことは、「基本的な英単語のみで勉強することができる」ということです。

例えば、「I am ~ (私は~です)」の文章を学ぶときに、「I am a boy (私は少年です)」と「I am a lawyer(私は弁護士です)」という文章があったら、どちらが分かりやすいでしょうか?

もちろん、「I am a boy (私は少年です)」の文章ですね。

知らない単語があると、その単語に意識が集中するため、本来の目的である英文法の印象が薄くなってしまします。

そのため、「基本的な英単語のみで勉強することができる」というのが、非常に重要なのです。

問題集は1冊で十分か?

問題集を選ぶときに、どの問題集を選ぶか、非常に迷います。

1冊の問題集で、完結できれば良いのですが、そのようなことは無理な話です。

なぜなら、「達成感がある(問題数が多くない)」問題集は、裏を返せば「問題数が少ない」ということになります。

「カラフルで、字が大きく、見やすい」と言うことは、逆の見方を行うと「説明が十分でない」ことかもしれません。

そのため、問題集の「いいとこ取り」をしないといけません。

その時に重要なことは、2冊の問題集を選ぶときに、1+1=2となるような選び方をするのではなく、1+1=3, 1+1=4となるように組み合わせると、勉強の効果が上がります。

 

長男が小学5年生から、英語を勉強行った結果、下記の3冊の問題集の組合せが一番良かったです。

  • 第1位 英文法パターンドリル
  • 第2位 ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中1英語
  • 第3位 やさしく学ぶ 英語リピートプリント 中学1年

 

1位から3位まで順位をつけていますが、この3冊を併用して、勉強していきました。

まず、2位の「ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中1英語 」にて、おおまかな文法の勉強をします。この参考書はカラフルなため、非常に見やすいです。小学生の関心をひきつけるのに最適です。ここで、全体の20%まで到達します。

次に、3位の「やさしく学ぶ 英語リピートプリント 中学1年」にて、基本的な問題(本当に超簡単な問題です)を解いて、文法を定着させます。ここで、さらに20%積み重ねて、全体の40%に到達します。

最後に、1位の「英文法パターンドリル」にて、問題をたくさん解いて、理解を強固なものにします。残りの60%を積み重ねて、100%に到達です。

 

第1位 英文法パターンドリル

[長所]
 1つの項目(例-be動詞の「am」)を2ページ見開きで、終わらせることができるため、非常に勉強しやすいです。これを1冊を終わらせると、文法に関しては、一通り終えることができます。
[短所]
 文法の説明が多くないため、文法の参考書が別に必要になります。
詳細はこのブログの「英文法パターンドリル」をご参照下さい。

第2位 ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中1英語

[長所]
 文法の説明をカラフルに行っているため、文法の説明が分かりやすいです。
[短所]
 問題数が少ないため、他の問題集で補う必要があります。
詳細はこのブログの「家庭教師のトライでの問題集」をご参照下さい。

第3位 やさしく学ぶ 英語リピートプリント 中学1年

[長所]
 カラフルで見やすく、その項目で出てくる英単語もまとめてあるため、非常に勉強がしやすいです。
[短所]
 問題のレベルが非常に簡単なため、少し上のレベルの問題が必要になります。
詳細はこのブログの「家庭教師のトライでの問題集」をご参照下さい。

-問題集、参考書